常にストレッチ!身体が硬いと…

日頃から適度に動かしている筋肉は適度な柔軟性が保たれていますが、あまり使わないことで硬くなっていく筋肉もあります。

筋肉のなかにはたくさんの血管が通っていて筋肉が動かされて伸び縮みすると、そのポンプ作用によって血液が全身に行き渡り酸素と栄養を運びます😀

ところが体を動かすことがほとんどないと、ポンプ作用が働かず血流が滞ってしまうんです😰💦

筋肉の細胞に栄養と酸素を運んでいた血流が悪くなるため、筋肉が衰えたり、硬くなる原因にもなります。

からだの左右や前後で筋肉の柔らかいところと硬いところがあると、からだはアンバランスとなって歪みが生じます。

テントを張る時に、四方をロープで張りますがそれぞれの引っ張る力が異なるとどちらかに倒れてしまうのと同じことで、常に引っ張られている筋肉と縮んでいる筋肉が出来てしまいそれが肩こりや腰痛などの痛みの原因となってしまうこともあります😰💦

また、身体が硬い人は柔軟性がない為、非常に疲れやすくなります。

☆反動を使わずに、ゆっくり伸ばす

ストレッチにはさまざまな種類があります。

習慣にしていただきたいのは、筋肉を静かに伸ばしていくスタティック・ストレッチです。

運動をしたあとや、入浴後の筋肉が温まっているときがおすすめです☺️

コツは、反動を使わないこと。

反動をつけずにゆっくり伸ばしたら、心地よいと感じるポイントで20~30秒間静止してください。

この間、息は止めずにゆっくり呼吸しましょう。

静止する時間は、一応の目安ですが、自分の感覚で筋肉がほぐれたなと感じるまで行うのが一番です☺️

常に疲れが溜まってる感じがするかたは生活の中にストレッチを入れてみてはいかがですか❓

Comments are closed.