カイロの効果的な貼り方

仏生山スタジオです。

寒さが厳しくなってきましたね。そんな時、カイロをつかう機会も増えてくると思います。

効果的に身体を温めるための方法をご紹介します(o^^o)

[ 首 ]

太い血管があるため、首を温めることで、全身が効率よく温まります。

また、首を前に曲げた時に、首と背中の間に骨が飛び出しているところがあります。

ここには「大椎(だいつい)」という全身を温めるツボがあります。

[ 背中 ]

肩から背中にかけて僧帽筋という大きな筋肉がありますが、冷えると血流が悪くなり筋肉が固くなってしまいます。

そんな時は、肩甲骨の間を温めましょう。

この辺りにはいくつものツボがあるので、一石二鳥です。

[ お腹 ]

全身が冷える時、おへそより指2本分下にある「気海(きかい)」というツボを温めるのが効果的です。

毎日温めることで、常にコンディションが安定して、元気に過ごせる魔法のツボと言われています。

[ 腰・お尻 ]

腰は、冷えによる不調を感じやすい場所です。

おへその真裏には「命門(めいもん)」というツボ、そこから指2本分外側には「腎兪(じんゆ)」というツボがあります。

この辺りをカバーするようにカイロを貼ると、腰全体を温める事ができます。

[ 足 ]

冷えやすい足の中でも、特に指先は温めたいポイントです。

全身を温めるには、太い血管がある足首のくるぶし周辺を温めるとよいようです。

内くるぶしの後ろ、アキレス腱との間のくぼみには「太谿(たいけい)」という冷えによいと言われるツボもあります(o^^o)

効率よくカイロを貼って身体を温めましょう☺️✨

Comments are closed.