徐々に負荷を上げて

倉敷スタジオの守屋です。

この日は背中とヒップのトレーニングをメインに行いました。

デッドリフトは以前に比べて15〜20キロほど扱える重量がアップし、ご本人も身体の変化にご満足されています!

ただ、持ち上がるからといってやみくもにウエイトを増やしていけば怪我のリスクは当然上がります。

一番大事なことは「ターゲットの筋肉をどう刺激し発達させるか」です。

クライアント様の筋力やその日の体調など総合的に判断して重量や回数を決めています。

Comments are closed.