糖質制限ダイエット

仏生山スタジオです。

糖質制限ダイエットは、正しいやり方で行えば効果的に脂肪を落とすことができ、さらにダイエット後にも太りにくくリバウンドしにくい身体をキープできるものですが、間違ったやり方では思うように痩せられないばかりか、健康リスクをもたらす危険性があります😰

■便秘になりやすくなる

糖質制限ダイエットでまず摂取を控えるべき食品は、ごはんやパン、麺類といった主食、すなわち炭水化物です。

しかし、炭水化物は食物繊維を多く含んでいるため、主食をカットすると身体はどうしても食物繊維不足になってしまいます。

便秘を防ぐためには、食物繊維を多く含む野菜やキノコ、大豆製品、ナッツ類などを積極的に食べることが大切です。

また、腸内の善玉菌を増やす働きのあるビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルトや納豆なども活用しましょう。

いつも以上に水分をたくさん摂ることも意識してください(o^^o)

■身体が冷えやすくなる

過度の糖質制限は、身体を冷えやすくする危険性があります。

糖質制限ダイエットによる冷えを予防するためには、過度な糖質制限を行わないことが重要です。

あわせて、適度な運動を行って筋肉量を増やしたり、暖かい格好を心がけたりお風呂にゆっくり浸かったりなど身体を冷やさない工夫をしましょう😊

■頭痛やめまいが起きやすくなる

糖質だけでなく全体の食事量を過度に減らしたり、必要な栄養素までカットしたりすることで、頭痛やめまいが起きる危険性があります。

糖質制限による頭痛やめまいを予防するためには、糖質は制限しつつも、たんぱく質や脂質、ビタミン類、ミネラル類などの必要な栄養素はしっかりと摂取することが大事です。

人によって、糖質ダイエットタイプと、脂質ダイエットタイプに分けられます。

効率良くダイエットする為にも、遺伝子検査をオススメします😀

Comments are closed.