笑う事で健康に!

お腹の底から笑うと、心も体も元気になった気がしませんか❓
実際、”笑い”が心や体に良いということは医学的に実証されつつあり、最近では病気の予防や治療においても注目を浴びています(о´∀`о)
笑いと免疫力にはどんな関係があるのでしょうか?

✨笑いがNK細胞を活性化して 体の免疫力をアップする!✨

あまり知られていませんが、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。

これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われています。
私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。
その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです☺️
逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます😰

ただ、免疫力は強ければよいものではありません。

リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、”笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました‼️
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるのです😆

笑うと免疫力が高まるだけでなく、ほかにも体にさまざまな良い効果をもたらすことがわかっています。

🔴 脳の働きが活性化

🔴 自律神経のバランスが整う

🔴血行促進

🔴 幸福感と鎮痛作用

NK細胞の働きを活発にしてがんやウイルスに強い体を保つには、日常でいくつかの心がけが必要。

NK細胞はストレスによって弱まり、うつ状態ではかなり悪影響を受けてしまいます。
まずは以下のことを心がけましょう

○毎日7~8時間の睡眠をとる

○心身両面の過度なストレスや疲労を避ける

○心配や不安、悲しみはなるべく短い時間で乗り越える

○憂うつ感が長く続く場合は、早めに専門医に相談する

○適度な運動を心がける

✨笑う門には福来る✨
まさに‼️

Comments are closed.