朝食を抜く事のリスク

ダイエットしたくて
少しでも寝ていたくて
朝は色々忙しくて

朝食抜きには恐ろしいリスクがあるのをご存知ですか❓

◯ 集中力や記憶力の低下

脳にエネルギーが供給されないため、イライラや勉強、仕事がはかどらないといった弊害を招きやすくなります😰

◯ 血糖値の急変動が起きやすくなる

朝食を抜いた場合、昼食を食べる頃にはインスリン拮抗ホルモンによって血糖値が上昇しやすくなっています。
つまりこのタイミングで昼食を食べてしまうと、血糖値が通常よりも高くなり、太りやすくなるのです。

◯自律神経が乱れやすくなる

朝食を抜くことで、体内時計が正常に働かなくなり、その結果として自律神経の乱れも引き起こすことになります。

自律神経は体温調節などの役割も担っているため、朝食抜きの生活は冷え性にもつながる可能性があります😞

◯ 筋肉量の減少

朝食抜きによって脳にブドウ糖を送ることができないようになると、まず肝臓で蓄えられたグリコーゲンが使われるようになります。

そしてこのグリコーゲンが枯渇(欠乏)すると、次に筋肉のエネルギーが使われていきます。

筋肉量の減少に伴うデメリットとしては基礎代謝の低下、運動能力の低下などが挙げられます😰💦

◯ 病気のリスク上昇

朝食を抜く人ほど脳卒中を発症するリスクが高まることがわかっています。

脳出血の原因のひとつに高血圧があります。
血圧は朝食抜きによる空腹などのストレスにより、さらに上昇するという研究結果もあるため、脳出血の発症率が高まります。

●どうしても朝食抜きになってしまうかたは…

タンパク質、脂質、炭水化物と栄養バランスの整った朝食を用意できない方は、水分補給や手軽に食すことができる食べ物などで栄養補給を行うようにしましょう(´ー`)

バナナは脳のエネルギー源でもあるブドウ糖や糖が脳のエネルギーになるのを手助けするビタミンやミネラルなども含まれているので、効率的に脳へのエネルギー補給を行うことができます❗️

朝食に関しては、よほどの事情がない限りは摂取することをおすすめします❗️

Comments are closed.