タコにはタンパク質豊富

7月2日は「タコの日」。関西地方、特に瀬戸内海沿岸では、半夏生(はんげしょう)にタコを食べる風習がある。半夏生は、夏至から数えて11日目の雑節の日を指し、2015年は7月2日になる。

昔は、田植えは夏至から半夏生にかけて行うことが多く、梅雨の終わりを告げる半夏生は田植えを終える目安にもなっていた。農家の人々は、吸盤を持つタコの八本足のように、田に稲がしっかり根付くようにという願を掛けた。また、タコは疲労回復の効果を持つタウリンなどが含まれることから、田植え後の疲労回復にも食べられたと言われる。

そしてタコには低カロリーで高タンパク!!

たこは100gあたり76Kcalでとても低カロリーです。タンパク質も16.4gと豊富ですし、糖質がほぼ0なのでダイエット中の方も安心して食べることができます。

是非タコ料理を楽しんでくださいねー!

Comments are closed.