水の温度で効果が変わる

▽冷水(515)運動した直後に飲むと吸収が早くなるので効果的。
熱くなった身体を冷やす意味でも良いでしょう。
また、冷水が胃壁を刺激して便通が良くなったり、交感神経への切り替えを促して目覚めが良くなったりするという効果もあります。

▽常温の水(2035)ぬるい、蛇口から出てくる水の温度です。

この温度は胃腸への負担が少ないことが一番のメリット。
冷水に比べると吸収の速さは劣りますが、日常的に飲む水として好適だと言えます。
健康のために毎日飲む水の量は1〜1.5リットルと言われますが冷水や温水でこれだけの水を毎日飲むのはかなりたいへんですよね。

▽温かい水(6080)胃腸への負担がもっとも少ない半面、吸収速度も遅くなります。
しかし身体を温めることができるため、冷え性が気になる方や就寝前の1杯に最適です。

恒常性でみるとヒトの免疫機能は、体温が1下がっただけで大きくダウンします。
冷たい飲み物を飲んで身体が冷えると免疫機能も低下します。
その結果、ウイルスや菌、老化を促進する物質を排除する能力が落ち、身体がダメージを受けやすくなります。
免疫力をキープするためにも、常温の水を普段から取り入れるのがいいですね。

Comments are closed.