本格的な腸内環境改善法

腸内環境改善に大切なのは、この3つ。
◯お腹を温める

◯発酵食品を食べる

◯唾液を分泌する

●腸内細菌の活性化する温度を保つ

腸内細菌、微生物は活動温度があります。

ザックリ言えば、37℃~38℃が通常です、それ以下になれば、活性を少しずつ失っていきます。

だから、体温やお腹の温度を保つ、上げるということは非常に大切です❗️

氷入りのジュースやアイスなどの冷たい食べ物を避けること、そして、腹巻などで温めるのも効果的だと思います(o^^o)

基本的な体温を上げるために筋肉をつけるのも大切です❗️

●栄養素が吸収されやすい発酵食品を食べる

納豆、キムチ、味噌、お漬物、発酵食品は色々あります。

発酵食品は栄養素が分解・吸収されやすい状態になっており、善玉菌が豊富と言われています。

そのため、消化吸収する腸の負担になりにくく、腸内環境にとって嬉しいモノなんですね☺️

●唾液こそ万病を癒す生命の雫

唾液をしっかり分泌させて食べるということです。

ぶっちゃけて言えば、唾液の分泌が十分であれば、食べ過ぎることもなくなりますし、胃の膨満感や消化不良もなくなりますし、便秘や下痢などの腸障がいもなくなります😀

それほどまでに、唾液は消化管にとって重要な役割をしています❗️

唾液を分泌する方法は超簡単✨

◻︎お腹が空いてから食事をする

◻︎よく噛む

◻︎深呼吸を心がける

この3つです。

お金がかかることが1つもないというのが良いところですね😊

よく噛むことは食事に時間をかけることになりますが、お腹が空いてから食事をすればよいので、一般的な日本人は食事回数を減らせると思います。

また、深呼吸は食事の前後でするなど、何かの動作と関連して行う習慣をつけると続きやすいです。

ゆっくり深く息を吐き切る、これだけで唾液が分泌されるのが分かると思います。

ぜひ、お試しください(^-^)

Comments are closed.