タンパク質+糖質

運動後、タンパク質を摂取する際、糖質も合わせて摂取するとタンパク質摂取の効果を高めることができます。

タンパク質と糖質を一緒に摂取することにより、糖の代謝を調節する働きを持つインスリンというホルモンが分泌されます。

アミノ酸(タンパク質の構成単位)やインスリンの量が多くなると、mTORという物質が活性化されます。

mTOR→タンパク質の分解抑制。タンパク質合成促進。

この作用により、運動後のタンパク質摂取の効果を高めることができ、また糖質を摂ることでトレーニング中に使用したグリコーゲン(糖)を回復させることができます。

糖質としては、バナナや干し芋が手軽に摂取できるのでおすすめです✨

Comments are closed.