小胸筋ストレッチ

小胸筋のストレッチ方法のご紹介です✨

小胸筋とは肋骨から烏口突起(肩関節の前辺りにある肩甲骨の突起)に走行する筋肉です。

小胸筋が硬くなると、肩甲骨が前方向に引っ張られるため巻き肩・猫背の原因になります。また胸を張った姿勢を維持しにくくなるため、呼吸が浅くなり酸素を取り込みにくい身体になってしまうので疲れやすくもなってしまいます。

今回ご紹介するストレッチは壁さえあれば簡単にできるので、ぜひお試しください✨

まず手を頭の後ろに添えて、肘を壁(斜め上)につきます。

肘の位置は固定したまま身体を少し前に傾けて、肩を後ろへ引き胸を開く感じでストレッチをかけます。

このとき足を前後に開いておくと前に重心をかけやすいです!

しっかり呼吸を続けて気持ちいいと感じるくらいの強さで20秒程度伸ばしていきましょう。

簡単にできるストレッチですが、肩甲骨の動きにも関係する重要な筋肉なので、仕事の空き時間などにやってみてください✨

Comments are closed.