プッシュアップバー

大胸筋、上腕三頭筋などを鍛える「プッシュアップ」

手首を痛めやすい方や、強度を高めたい方にはプッシュアップバーを使ったプッシュアップがおすすめです。

プッシュアップバーを使わずに行った場合、手首が90°ほど背屈することにより手関節への負荷が大きくなります。

プッシュアップバーを使った場合、手首の角度をまっすぐ保つことができるため、手関節への負荷が軽減されます。それに加えて、手首の位置よりも下へ身体を下ろすことができるので、通常のプッシュアップよりも筋肉にストレッチがかかり高強度のトレーニングを行うことができます。

プッシュアップバーには角度をつけてより使いやすくなっているものや滑り止め付きのものもあるので、ぜひ自分に合ったものを探してみてください✨

Comments are closed.