冬至 柚子風呂

古くから「冬至の日にゆず湯に入ると風邪をひかない」と言われていますが、本当なのでしょうか?

「もともとは冬至→湯治、ユズ→融通の語呂合わせから、“湯治で融通よく”という意味を込め、ゆず風呂の習慣が定着したようですが、ゆず湯に入ると風邪をひかない、という言い伝えは間違ってはいません。

ゆずには風邪予防や保湿の効果があるビタミンCや血流改善を促すヘスペリジンなどが含まれ、体に良いことは近年の研究で科学的にも証明されています。さまざまな成分が、人を病気になりにくくさせ、安らぎをもたらしてくれるのです」(溝渕先生)

溝渕先生の解説によれば、ゆずの果皮にはビタミンCやヘスペリジンなどが多く含まれ、香りも有効とのことなので、ゆず湯に入る際には、皮に切り込みを入れたり、輪切りや半分にカットしたほうが効果的との事。

家族が多くて、仕事が忙しくて、、、

ゆっくりお風呂に疲れないという方は、トレーニング後に遠赤外線ドームはいかがでしょうか😃

Comments are closed.