階段ダイエットで美しく!

仏生山スタジオです。
仏生山スタジオの会員様で、踏み台昇降運動を有酸素運動として取り入れて10Kg以上痩せられました。

階段ダイエットの効果①:脂肪燃焼効果がある

階段の上り降りは、一見負荷はそれほどないように見えますが、れっきとした有酸素運動に該当します☺️

効果②:悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やせる

階段の上り降りのような有酸素運動は、脂肪や糖質がエネルギーとして消費されるとともに、体内の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果もあります😊

効果③:下半身が引き締まる

階段の上り降りは、下半身を多く動かすことになりますね。

つまり、太ももやふくらはぎ、お尻の筋肉を使うことになるので、引き締まった脚とお尻を手に入れることも可能になります😀

効果④:冷え性やむくみが改善される

階段の上り降りは主に下半身を使うので、血行が良くなって冷えを解消させることもできます。

そして、老廃物も排出されてむくみを取ることも可能になります😃

《 階段ダイエットの基本 》

階段ダイエットを行うにあたって心掛けたいことは、階段を見かけたら積極的に上り降りをすることです❗️

たとえば駅、オフィスやデパートなど、通勤途中や外出中に階段があったら、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うようにすることもできますね。

また、住んでいる家やマンションの階段も活用できます。

ポイント①:階段の上り降りのスピード

有酸素運動は、ゆっくり酸素を取り込みながらエネルギーを消費する運動です。

このため、駆け足で上り降りをしてしまっては呼吸が切れて酸素を取り込めない状態(無酸素運動)になり、有酸素運動としての効果を発揮しなくなります。

階段の上り降りをするときは、なるべく負荷をかけないスピードで行うことが大切です(^-^)

ポイント②:階段ダイエットをする時間の長さ

休憩を挟んで10分づつ運動を行う場合でも効果があるとされているので、20分は頑張りましょう。

注意点①:無理をしない

運動が久しぶりだったりする人は、自分のペースに合わせて上り降りの長さやスピードを調整すると良いでしょう。

注意点②:正しい姿勢を意識する

階段を上るときも降りるときも、猫背にならず背筋を伸ばすように心掛けましょう。

そして、階段を上るときは股関節を意識して、膝を高めに上げて一歩踏み出すと、太ももの引き締めにつながります😃

今年スイッチを入れるのも、スルーするのも、貴方次第✨

Comments are closed.