運動をする時間がない!でも痩せたい!その場合は?

仏生山スタジオです。
仕事や育児で、運動をしたいけどなかなか時間が…そんな時は!

1️⃣ 栄養たっぷりの朝ごはんで1日をスタート❗️

朝ごはんは1日の活動を支えてくれる重要なエネルギー源✨

栄養たっぷりのブレックファーストは満足感があるだけでなく、ムダな間食も抑えてくれる。

摂取カロリーの目安は朝食で400〜500kcal。

脂肪分の少ないたんぱく質(卵、豆類、無糖のギリシャヨーグルト)や良質な脂質(ナッツ類、ナッツバター)、食物繊維(野菜、果物、全粒穀物)をバランスよく摂ることが大事❗️

血糖値を安定させる朝食を毎日食べるようにすれば、無理なく健康的に痩せられるはず(o^^o)

2️⃣自然食品を中心とした食生活を心がける

できる限り自然なものを食べ、加工食品は避けるように☆

なぜなら塩には防腐効果があり、加工食品に含まれる塩分量は意外と高めだから😰

また食品は果物や野菜、全粒穀物、低脂肪の乳製品、脂肪分が少ないたんぱく質など、新鮮なものをチョイスするのがベスト😊

3️⃣ 糖質の多い清涼飲料水は避ける

その理由は簡単❗️

液体によるカロリー摂取だけでは、食事を食べた時と同じような満腹感を得ることは出来ないから☆

つまり、ジュースやキャラメルコーヒーを飲んでも、サラダボウルやたんぱく質たっぷりの炒め物と同じような満足感は得られないということ。

だからジュース、ソーダ、甘いコーヒー、アルコール飲料にはご用心❗️

1日のうちにこれらのドリンクをすべて飲んだら、余分なカロリーを約800kcalも摂取してしまうことになります❗️

またアルコールには脂肪の代謝を抑制する働きがあるので注意して😰

4️⃣ とにかく、よく寝ること❗️

それだけ❓

と思うかもしれないけれど、睡眠時間が少ないと肥満になる確率はアップします❗️

複数の研究によると、理想の睡眠時間(1日7時間)がとれていない人は、新陳代謝が低めでした😨

それに夜更かしをしているとついついスナックに手を伸ばしがち😅

体重を減らすためには、早めに寝て、睡眠をしっかりとった方が良さそう☺️

5️⃣ 毎日の食事を記録

1日に食べたものを書き留める人、とくに食べながら食したものを書き留める人は、痩せやすく、その後の体重も維持しやすいという多くの研究結果が発表されています。

体重の増加が気になる人は、アプリを活用してみて(o^^o)

食事を管理するのに便利な上、1日に食べたものを改めてチェックすることで、自分の食生活における問題点や改善点を見つけることもできますよ😊

6️⃣ながら運動を取り入れる

1日24時間のうちのテレビを見ながら、歯磨きしながらスクワットをしてみる、寝る前に脚を上げ下げしてみる、無理に時間をつくる必要はありません。

ながら運動で、大丈夫です❗️

7️⃣流行りのダイエットに惑わされないで

「10日間で4.5kg減量!」などと謳うダイエット法は世の中にたくさん出回っています。

でも、その多くは無理な減量で身体を壊したりリバウンドをしています。

目指すのは、一生健康的な美しい身体✨です!

その為には多少、遠回りしたとしても安全で一生続くやり方を心がけましょう☺️

Comments are closed.