ショートニングの恐ろしさ

仏生山スタジオです。

甘党の方は、なかなか甘いものを止めれないですよね。

甘いお菓子に含まれるショートニング。

◯ ショートニングとは? ◯

ショートニングは、主に植物油を原料としたクリーム状の食用油脂です。

パンや焼き菓子の製造などにバターやラードの代用として利用されています。

ショートニングで調理すると6ヶ月たっても腐らないと言われています。

ショートニングには、トランス脂肪酸が100gあたり約13gと、極めて大量に含まれています😰💦

◯ トランス脂肪酸とは? ◯

水素添加によって硬化された脂肪分子のことをいいます。

トランス脂肪酸を一定量摂取するとどうなるのでしょう❓

● 動脈硬化や心臓病のリスク

「悪玉」のLDLコレステロールを上昇させ、「善玉」のHDLコレステロールを減らすので、動脈硬化や心臓疾患のリスクがとても高くなります。

● アレルギーの原因

私たちの皮膚などの細胞膜は摂取した脂質からできています。

その細胞膜を形成する時、トランス脂肪酸を使ってしまうと不安定な細胞膜になってしまい、免疫機能を狂わせ、アトピーなどのアレルギー症の原因になる疑いがあります。

● 老化やガンの原因に

トランス脂肪酸は大量の活性酸素をつくり出し、それ自体が体を酸化させます。

体が酸化すると老化を促進し、活性酸素は、がん、糖尿病、脳への悪影響もあります。

◼️トランス脂肪酸が多く含まれる食べ物◼️

クッキー、ショートケーキ、デニッシュ、ドーナツなどの洋菓子、菓子パン類

ホイップクリーム、コーヒークリームなどの植物油脂由来のクリーム類

フライドポテト、チキンナゲット、フライドチキンなど外食系の油が使われているもの

カップラーメン、レトルトカレーなどのインスタント食品

ポテトチップス、ポップコーンなどのスナック菓子

ショートニングを使用していない、お菓子も沢山あります。

甘い物を手に取る前に、製造材料の欄を確認してみるのもいいですね☺️

Comments are closed.