体温を上げて免疫力アップ!

ご自分の平熱を知っていますか❓

健康的な人の平熱は36.5~37.1度。

実は今、36度以下という「低体温」の人が増えているとか。

「低体温」は免疫細胞と大きなかかわりがあり、放置するとさまざまな病気やがんまでも発症してしまうことがあるそうです😰

● 体温が下がると免疫力は低下する

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます😰💦💦

● 現代人に多い「低体温」の原因は筋肉量の低下

低体温の原因の9割は筋肉量の低下と考えられます。

運動量の低下にともなって、筋肉量が減少します。

筋肉は人体最大の熱産生器官ですから、筋肉が少なくなると、体温も下がり、基礎代謝も下がります。

基礎代謝とはじっとしているときでも体内でエネルギーを消費していること。

基礎代謝が落ちれば、カロリーが消費されにくくなって、内臓脂肪が増加してしまうのです😨

筋肉量の減少以外では、運動不足に加えて、エアコン生活によって汗をかきにくい環境であることも低体温の原因と考えられています。

脳の視床下部にある体温中枢を刺激する機会が失われると、体温を調整するための発汗中枢が作動しなくなり、低体温になります。

* 体温アップ健康法 *

● 入浴

1日1回、お風呂に入って体温を1度上げます。朝でも夜でも自分の生活リズムに合わせて入浴しましょう。

湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります☺️

● スクワット

ふくらはぎや太もも、腰の筋肉を一度に鍛えることができるスクワットもおすすめです❗️

下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった下半身をつくりながら血行を改善できます(о´∀`о)

● 白湯を飲む

朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。

冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。

Comments are closed.