ブルガリアンスクワット

片足ずつスクワットを行う「ブルガリアンスクワット」。お尻と下半身を引き締めます。

1. 足を前後に大きく開き、後ろの足を台などにのせる。

上半身が床と垂直になるように胸を張り、前足に体重をかけてスタート。

2.おなかを引き上げながら、前の足のひざを曲げて腰を落とす。

お尻の筋繊維が広がっていくことを意識して、ひざが床につく寸前でゆっくりと立ち上がる。

ブルガリアンスクワットの効果を引き出すポイント

ひざを内側に向けない

骨盤を正面に向け、ひざとつま先はまっすぐ前に出す。

足は大きく前後に広げる

足の開きが小さいとお尻ではなく太ももの前側に効いてしまう。

大臀筋をうまく使えないとおしりがたるんだり、腰に負担がかかり、痛みの原因になることもあります。大きな筋肉なので鍛えていくことで代謝が上がりやすくなり、痩せやすい身体になっていきます。

正しいフォームでトレーニングすることが大切です^ ^

Comments are closed.