筋力低下が死に繋がる!?

倉敷AIスタジオ岡本です!

今日のテーマは「筋力低下が死に繋がる!?」です!

どういう事かと言いますと、まず筋肉の減少は30代から始まり、40代以降は特に顕著になり、80歳前後には30%ほどの筋肉が現象するといわれています。

この老化によって筋肉量が現象する事をサルコペニアと呼ばれています。

サルコペニアに陥ると、日常生活に支障をきたすばかりか、内臓機能低下による生活習慣病や脳梗塞、心筋梗塞、認知症などが発症しやすくなると言われています。

日常的に運動量が少ない、運動をあまりしない人はサルコペニアに陥りやすいとされています

サルコペニアに抵抗し、筋肉の低下を防ぐには運動と食事が大切です。

健康で長生きするためにも、適度な運動と食事は意識していきましょう!

Comments are closed.